· ブラインドサッカー,日本代表

【JBFA】「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2019」日本はグループA、3/19(火)日本の初戦はロシア

NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は2019年1月11日、JFAハウス(東京都文京区)において国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)公認大会「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2019」(3月19-24日@品川区天王洲公園)の参加チーム発表および組み合わせ抽選会を行いました。抽選の結果、日本の初戦は1月19日(火)の夜、ロシアに決定!

前回大会より2チームが増え、世界ランク上位20位以内の8チームが参加。2020年を前に強豪国と対戦できる貴重な機会となります。

抽選によりグループリーグの組み合わせは以下の通りとなりました。

■グループA

日本(世界ランク9位)/スペイン(同4位)/コロンビア(同11位)/ロシア(同13位)

■グループB

アルゼンチン(同2位)/トルコ(同6位)/イングランド(同12位)/タイ(同17位)

本抽選は、一般社団法人日本障がい者サッカー連盟(JIFF)の北澤豪会長と大会特別共催の品川区・辻亜紀文化スポーツ振興部オリンピック・パラリンピック準備課長が担当。抽選後は、JIFF北澤会長、ブラインドサッカー日本代表高田敏志監督、川村怜主将、JBFA松崎英吾専務理事兼事務局長によるトークセッションが行われ、抽選を終えての所感や大会への意気込みなどが語られました。

<登壇者コメント>

JIFF 北澤豪会長
「日本は、一年間の強化策が上手くっているのでは。強いところ、経験のないところと戦っていきたいというのは、その先に向けたゴール設定があるのかなと思う。黙っていられないくらいの試合をしていただきたい。国際大会を繰り返す運営力や皆さんと一体となれる会場にも注目してください」

ブラインドサッカー日本代表 高田敏志監督
「戦ったことのないチームと戦うことが重要と考えていたので(同グループのチームは)理想通り。良い機会をいただいた。日本の戦い方はグループで相手の長所を消して戦っていくこと。選手にとにかく勝たせ、次のステージに行くことにこだわってやっていきたい」

ブラインドサッカー日本代表 川村怜主将
「3チームとも強豪。特にロシアとは過去に対戦経験がないので非常に楽しみ。ロシアに対するスカウティングをしっかり理解した上で、自分たちのスタイルを貫き通すことは変わらず、勝利できるようしっかり準備していきたい。今の日本がこの大会でどこまで挑戦できるか、そして自分が通用するか。一つ一つの試合で強い気持ちで覚悟持って挑んでいきたい」

■「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2019」開催概要
大会名:   IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2019
大会日程:  2019年3月19日(火)〜3 月24日(日)
会場:    品川区立天王洲公園(品川区東品川2-6-23)
主催:    国際視覚障害者スポーツ連盟/特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会
特別共催:  品川区
参加:    8チーム
グループA  日本、スペイン、コロンビア、ロシア
グループB  アルゼンチン、トルコ、イングランド、タイ
大会方式:  出場8チームは2グループに分かれ、1回戦総当たりのグループリーグを実施。
各グループ2位までが準決勝に進出。下位トーナメントも行い、最終日(24日)
に決勝、3位決定戦、5位決定戦、7位決定戦で全順位を決定する。
大会サイト: https://www.wgp-blindfootball.com/

詳細はJBFA公式サイトよりご覧ください。

以上

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK