【JBFA】IBSA女子ブラインドサッカートーナメント2017(オーストリア・ウィーン)

ブラインドサッカー女子日本代表が優勝。

2017年5月6日(土)に開催された国際視覚障害者スポーツ連盟(以下、IBSA)主催の初の女子国際大会「IBSA女子ブラインドサッカートーナメント2017(オーストリア・ウィーン)」において、ブラインドサッカー女子日本代表が優勝した。

本大会は、トレーニングキャンプ(5/3~5/5)と合わせて開催された。

トレーニングキャンプは、16カ国(※1)から75名(内、女性が60名)の選手とスタッフが参加した。

日本からは4月1日に発足した村上重雄監督率いるブラインドサッカー女子日本代表チームが参加し、合同で練習が行われた。

本大会は、5月6日(土)に日本、イングランド・ギリシャ選抜チーム、ロシア・カナダ選抜チーム、IBSA選抜チーム(※2)の4チームにより1回戦総当たりのリーグ戦が行われ、日本は3戦全勝で予選を通過した。

予選上位2チームで行われる決勝戦ではIBSA選抜チームと対戦し、菊島宙選手の得点で1-0となり、優勝した。

※1 オーストリア、ベルギー、チェコ、イングランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、ポルトガル、ロシア、スペイン、スウェーデン、トルコ、カナダ、メキシコ、日本

※2 日本、イングランド、ギリシャ、ロシア、カナダの選手を除いたメンバーで構成されたチーム

 

NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)のホームページ

http://www.b-soccer.jp/10309/news/pr170507ibsajyoshitaikai.html

 

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly