· JIFF,プレスリリース

[メディアリリース] サッカーを通して障がい児・者と健常児・者の心のバリアフリーを実現する

「インクルーシブフットボールフェスタ」を12月23日(日)都内で開催

キフティング(寄付×リフティング)など

新コンテンツを加えバージョンアップ!

 一般社団法人日本障がい者サッカー連盟(JIFF/会長:北澤豪)は、サッカーを通して障がい児・者と健常児・者の心のバリアを取り除くことを目的に、2018年12月23日(日)にフットサルステージ(東京都多摩市)で「JIFFインクルーシブフットボールフェスタ2018」を開催します。本イベントは2016年から2年連続で開催し毎回300人以上が参加するイベントであり、3回目となる今回は新たに2つのコンテンツを追加してバージョンアップ。一つは、7つの障がい者サッカープレーヤーも健常者も、年齢、性別、サッカー経験の有無も問わず一緒にウォーキングサッカー(歩くサッカー)を行う「まぜこぜスマイルサッカー」。もう一つは、JIFFが新たに企画し初開催する、個人のリフティングチャレンジを社会貢献につなげる寄付企画「キフティング(寄付×リフティング)」。今回は「チャレンジ100」として一人100回を目標にチャレンジします。当日はJIFFの北澤豪会長も参加予定です。

 午前の部には「障がい者サッカー体験会」と「キフティング」を同時開催し、午後の部では小学生を対象とした「インクルーシブフットボール」と、子どもから大人までを対象とした「まぜこぜスマイルサッカー」を同時開催します。JIFFの新しい試みをぜひ取材くださいますよう、お願いいたします。

■「インクルーシブフットボール」とは

障がいの有無や種別などの違いを超え、障がい者と健常者が混合チームで一緒に楽しむサッカーです。

■「まぜこぜスマイルサッカー」とは

障がいの有無や種別、年齢、性別、サッカー経験の有無などを超えて一緒に楽しめるスポーツの一つとして、「ウォーキングサッカー」(歩くサッカー)を導入。走る、ヘディング、チャージなどは禁止。さらに、普段それぞれ異なる形態やルールでプレーしている各障がい者サッカー選手も一緒にプレーできるよう、一部特別ルールも設置。JIFFが2018年3月31日のイベントで初めて実施し、電動車椅子サッカー選手やブラインドサッカー選手も初めて同じピッチでプレーすることができました。

■「キフティング」チャレンジ100とは

「リフティング100回チャレンジ」に参加し、リフティング1回につき10円の寄付をする寄付企画です。チャレンジは3回まで可能でトータル100回成功したら終了。プラスαの寄付も歓迎。本イベント内で集まった寄付金は、すべて「JFA 平成30年7月豪雨 義援金」へ寄付予定。

<JIFFインクルーシブフットボールフェスタ2018概要>

■日程:2018年12月23日(日・祝)

【第一部】11時〜13時(受付:10時30分〜)

【セレモニー】13時〜13時30分(受付:12時30分〜)

【第二部】13時30分〜15時30分

※見学無料、入退場自由

■会場:フットサルステージ(東京都多摩市落合1-47ニューシティー多摩センタービル8階)

■募集方法 共催・協力団体およびJIFFパートナー企業を中心に募集(一般申し込みは未定)。

■主催:一般社団法人日本障がい者サッカー連盟

■共催:NPO法人日本アンプティサッカー協会、一般社団法人日本CPサッカー協会、NPO法人日本ソーシャルフットボール協会、NPO法人日本知的障がい者サッカー連盟、一般社団法人日本電動車椅子サッカー協会、NPO法人日本ブラインドサッカー協会、一般社団法人日本ろう者サッカー協会

■協力(予定):FC東京、FC町田ゼルビア、東京ヴェルディ、日テレ・ベレーザ、スフィーダ世田谷FC、フウガドールすみだ、府中アスレティックFC、ペスカドーラ町田、公益財団法人日本ケアフィット共育機構

■後援(予定):東京都、多摩市、公益財団法人日本サッカー協会、公益財団法人東京都サッカー、公益社団法人日本プロサッカーリーグ

[お問い合わせ先]

一般社団法人 日本障がい者サッカー連盟 事務局

〒113-8311 東京都文京区サッカー通りJFAハウス

TEL.03-3818-2030

FAX.03-3830-7760

以上

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly