【JIFF】3月31日(土)開催「まぜこぜスマイルサッカー」の一般申し込みスタート!

障がい者と健常者がまぜこぜで楽しむ「歩くサッカー」の参加者募集

 JIFFは、国連が4月2日に定めた「世界自閉症啓発デー」に向けて、自閉症のみならず多様な障がいのある人、難病やLGBTなど、色とりどりの人たちと共に「まぜこぜ」の心地よさを実感できる『Warm Blue 2018』キャンペーンに参加し、3月31日(土)にフロンタウンさぎぬまで歩くサッカー「ウォーキングフットボール」を実施いたします。7つの障がい者サッカー(アンプティサッカー、CPサッカー、ソーシャルフットボール、知的障がい者サッカー、電動車椅子サッカー、デフサッカー、ブラインドサッカー)の選手たちと健常者との混合チームで開催する新しい試みです。

 今回、一般の方々の参加も可能です。サッカー経験の有無、障がいの有無、年齢や性別等による制限はございませんので、お気軽にご参加下さい。参加希望の方はこちらのフォームよりお申し込みください。当日はブルーフォト撮影会(青いものを身に着けて写真撮影)を実施し、『Warm Blue 2018』キャンペーンの啓発を行います。

■ウォーキングフットボールとは?

 イングランド発祥の「歩くサッカー」です。走る、ヘディング、チャージは禁止でオフサイドはありません。イングランドでは各地域のサッカークラブで盛んに行われており、特に50歳以上のシニア世代中心のカテゴリーでは、約940以上のクラブが登録されています。

 サッカーを通じて共生社会の実現を目指すJIFFでは、障がいの有無や種別、サッカー経験の有無などを超えて一緒に楽しめるスポーツの一つとして、この「歩くサッカー」を初めて導入します。今回は、様々な違いのある人同士の理解を深める場として、同じピッチでプレーする機会のない健常者と、精神障がい者サッカー、視覚障がい者サッカー、電動車椅子サッカーを含む7つの障がい者サッカー選手などが混ざり合って実施することを決めました。

■『Warm Blue 2018』キャンペーンとは?

 毎年4月2日は国連が定める「世界自閉症啓発デー(World Autism Awareness Day)」。世界中の街がテーマカラーのブルーに染まります。一般社団法人Get in touchは、2013年より、あたたかな青を意味する「Warm Blueキャンペーン」を展開し、自閉症だけでなく、多様な特性のある人、難病やLGBTなど、色とりどりの人たちと共に「まぜこぜ」の心地よさを体感できる機会として、音楽ライブやアート展、ファッションショー等を行いながら、啓発アクションの呼びかけを行っています。2018年は3月中旬~4月9日(日)にかけて、自治体、企業、団体などが様々な取り組みを行います。

<まぜこぜスマイルサッカー 概要>

■日程:2018年3月31日(土)12時~15時(開場 11時30分)

※小雨決行、荒天中止。

中止の場合は当日の朝8:00までに、JIFF公式サイトおよびFacebookでお知らせいたします。

■会場:フロンタウンさぎぬま(〒216-0005 川崎市宮前区土橋3-1-1)

■参加費:無料(観覧のみの方はお申し込み不要です。当日直接会場へお越しください)

■定員(一般参加): 30名 ※定員になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。

■内容:

①ウォーキングフットボール(歩くサッカー)試合

②ブルーフォト撮影会(青いものを身に着けて写真撮影)

■主催:一般社団法人日本障がい者サッカー連盟

■協力:一般社団法人Get in touch

『Warm Blue 2017』の様子

『Warm Blue 2018』特設サイト

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly