【JIFF】JIFFインクルーシブフットボールフェスタ2016を開催

一般社団法人日本障がい者サッカー連盟(JIFF)は2016年12月24日(土)、フットサルステージ(東京都多摩市)で第一回目となる「JIFFインクルーシブフットボールフェスタ2016」を開催しました。

本フェスタは、JIFF加盟の障がい者サッカー7団体と在京のJリーグ、なでしこリーグクラブ、Fリーグ全クラブの協力により、健常児と障がいを持つ子供とが一緒のチームになってサッカーをする「インクルーシブフットボール」と「障がい者サッカー体験会」を実施。ゲストとして、元サッカー日本代表監督でFC今治オーナーの岡田武史氏、サッカーフランスリーグアンのメスに所属する川島永嗣選手、CPサッカー日本代表監督の島田裕介氏、元なでしこジャパンの小林弥生さんが参加しました。

障がい者サッカー体験会は日本アンプティサッカー協会(JAFA)、日本電動車椅子サッカー協会(JPFA)、日本ブラインドサッカー協会(JBFA)の協力によりアンプティサッカー、電動車椅子サッカー、ブラインドサッカーの体験会を開催しました。

インクルーシブフットボールは子供6人と大人2人で一つのチームを作って、1試合7分(ハーフタイムなし)で対戦。Jリーグ、なでしこリーグ、Fリーグのスクールスタッフやゲスト等が各チームに入り、聴覚障害、視覚障害(弱視等)、切断障がい、知的障がい、脳性麻痺など様々な障がいを持った子供達と健常児が混ざり合って、サッカーを楽しみました。

JIFFは今後、今回のフェスティバルを検証し、モデルケースを確立して全国に展開していくことで、本連盟が掲げる理念の中にある「障がい者も健常者も混ざり合う共生社会の実現」を目指していきます。

下記にフェスタ閉会式での岡田武史氏と北澤豪会長のコメントを掲載しております。是非ご覧下さい。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly