【JPFA 】電動車椅子サッカー日本代表壮行会を開催しました。

一般社団法人日本電動車椅子サッカー協会(JPFA)は、電動車椅子サッカーのワールドカップに出場する日本代表チームの壮行会を開催いたしました。

大会情報と、各選手の意気込み・想いをコメントとして記載しましたので是非ご覧いただけますようお願いします。

<壮行会について>

●日時:2017年6月29日(木) 13:45~14:15

●会場:日本サッカーミュージアム ヴァーチャルスタジアム(文京区本郷3-10-15)

●登壇者:一般社団法人日本電動車椅子サッカー連盟 会長 吉野忠則氏

                   電動車椅子サッカー日本代表 監督  浅岡俊彰氏

                   電動車椅子サッカー日本代表 塩入新也主将を含む選手及びスタッフ

                    公益財団法人日本サッカー協会 会長 田嶋幸三氏

                    一般社団法人日本障がい者サッカー連盟 会長 北澤 豪

第3回FIPFA ワールドカップについて>

●参加大会:2017 FIPFA World Cup (第3回FIPFA ワールドカップ)

●大会日程:2017年7月3日(月)~10日(月)  於)アメリカ合衆国フロリダ州キシミー市

●主催者:国際電動⾞車車椅⼦子サッカー連盟(Federation Internationale de Powerchair

Football Association)

●試合会場: Osceola Heritage Park (1875 Silver Spur Lane Kissimmee, FL 34744,USA)

                        アメリカ合衆国フロリダ州 キシミー

●出場国: グループA  アメリカ・デンマーク・⽇日本・アルゼンチン・ウルグアイ

                        グループB  イングランド・アイルランド・フランス・カナダ・オーストラリア

                     計10ケ国

●大会形式:出場国10 か国を事前抽選により5 チームに分けた2 つのグループステージ実

                       施後、上位4チームによる「ノックアウトステージ」により優勝を争う

●スケジュール(現地時間表記、日本は時差+13 時間)

6月30日(金)日本代表出発 

7月3日(月) 参加国チーム到着日・選⼿手クラス分け判定・チーム公式練習

7月4日(火) 選手クラス分け判定・チーム公式練習

7月5日(水) 選手クラス分け判定・チーム公式練習

                         19:00 開会式、20:30 開幕戦(アメリカ vs デンマーク)

7月6日(木) 予選リーグ1日目(Silver Spurs Arena)

                          9:30 vs アルゼンチン、14:00 vs デンマーク、17:00 vs アメリカ

7月7日(金) 予選リーグ2 日目(Silver Spurs Arena)

                          15:30 vs ウルグアイ

7月8日(土) 決勝ラウンド(Silver Spurs Arena)

7月9日(日) AM 順位決定戦、15:00 決勝戦

7月10日(月) 参加国出発日

7月12日(水)日本代表帰国

●電動車椅子サッカー日本代表選手.

選手番号 クラス 名前      ふりがな         所属チーム    コメント

1    PF2  竹田 敦史  たけだあつし   Yokohama Crackers

  ・電動車椅子サッカーを通じて色んな人と出会えるようになりました。その出会いの一    つ一つが自分にとっての大切な財産になってます。今まで自分を支えてくれた大切な人たちに、優勝という結果で恩返しが出来るよう頑張りたいと思います。

6    PF1  内橋 翠   うちはしみどり  レインボー・ソルジャー   初出場

  ・電動車椅子サッカーに携わってもの凄いアクティブになりました。それと負けず嫌いにも・・。シュート精度・ポジショニング等全てのプレーを見てほしいです。

7    PF2  三上 勇輝  みかみゆうき   Yokohama Crackers    初出場

  ・サッカーをやるに連れて、実力がついてくると自分に自信が持て、サッカー以外での生活も自信を持って行動が出来るようになりました。また運営の方にも関われたので、早くから社会参加が出来、色々な経験が出来ました。電動車椅子サッカーという競技はまだまだ認知度が低く、なおかつ屋内スポーツなので、皆さんの目に触れる機会が少ないのが現状ですが、一度見て頂ければ面白く、奥が深いスポーツです。是非大会等に観戦に来てください。

8    PF1  吉沢 祐輔  よしざわゆうすけ  レインボー・ソルジャー

  ・電動車椅子サッカーに携わって、自分の障がいを理解し、前向きに生きられるようになりました。これまで失敗したり、人を傷つけてしまうこともあるけれど、日々感謝の気持ちを持って、間違った時はしっかり自覚して人と真摯に向き合える人間になりたいという気持ちで今はいます。

9    PF1  東 武範  ひがしたけのり    Nanchester United鹿児島

  ・人生に活気が生まれ、充実した日々が送れるようになりました。練習の大切さやチームワークの大切さなどに気づくことが出来ました。大きな夢を持つことが出来ました。私は重い障害と共にサッカーをしてきました。今回、渡航や海外での試合は間違いなく身体に負担をかけます。でも、サッカーに自分の人生の人生を掛けてでも、成し遂げたい夢がW杯優勝です。全力で戦ってきたいと思います。

10   PF1  北沢 洋平  きたざわようへい    インボー・ソルジャー   主将

  ・電動車椅子サッカーをやる前は引っ込み思案でネガティブな性格だったのですが、やり始めてから性格が明るくなり何事もポジティブに考えられるようになり、人と関わることが楽しくなりました。電動車椅子サッカーを通じて、大会遠征等で、たくさんの仲間ができたこと、そして生きる歓びを与えてくれました。電動車椅子サッカーはまだまだ知名度が低い障がい者サッカーなので、色々な方に電動車椅子サッカーを知っていただきたいです。今回のワールドカップを通じて電動車椅子サッカーの面白さや白熱さを感じていただきたいですし、今回たくさんの方々にご支援や激励をもらいましたので、恩返しするつもりで全身全霊をかけて頑張りたいと思います。最後にこの場を借りまして、日頃から電動車椅子サッカー日本代表を応援していただける方、そしてご支援いただける方へ感謝の気持ちを述べたいと思います。本当にありがとうございます。

11   PF1  塩入 新也  しおいりしんや      Nanchester United鹿児島

  ・人とつながりができたこと、自己実現という意味でも電動車椅子サッカーは大きな存在です。電動車椅子サッカーの魅力をたくさんの方に知ってほしいです。

19   PF2  内海 恭平  うつみきょうへい     Red Eagles兵庫 初出場

  ・電動車椅子サッカーと出会う前までは、スポーツは観戦することが多かったが、どんな障がいがあっても仲間と協力して1つのボールを蹴れるところが魅力です。大会や遠征を通じて全国のいろいろな選手と交流ができ、交友関係が広がりました。日本代表としての日の丸の重圧、日本の誇り、応援してくださる方々への感謝の気持ちと共にチーム一丸となって精一杯戦います。

●チームスタッフ

監督       浅岡 俊彰   あさおかとしあき

アシスタントコーチ   三崎 賢治   みさきけんじ

アシスタントコーチ  眞島 哲也   ましまてつや

キットマン/ホペイロ 近末 勝司   ちかすえかつし

チームドクター  夛田羅 勝義  たたらかつのり

チームドクター  鈴木 聖一   すずきせいいいち

メディカルスタッフ  上野 寿子   うえのひさこ

メディカルスタッフ  阿部(土井)麻里 あべ(どい)まり

●帯同スタッフ

団長  吉野 忠則   よしのただのり

副団長  冨田 昭    とみたあきら

チームマネージャー  筒井 彩樹   つついさいき

総務  川畑 ちづる  かわばたちづる

分析担当  天岡 寛    あまおかひろし

分析担当  小林 雅夫 こばやしまさお

アテンドスタッフ   宮崎 雅司 みやざきまさし

アテンドスタッフ  吉沢 誠 よしざわまこと

アテンドスタッフ  北沢 浩之  きたざわひろゆき

アテンドスタッフ  曽根田 信一 そねだしんいち

アテンドスタッフ  東 百代子 ひがしもよこ

アテンドスタッフ  内橋 舞子 うちはしまいこ

※一般社団法人日本電動車椅子サッカー協会(JPFA)のホームページ

2017FIPFA WORLD CUP のホームページ

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly