REPORT

アジア太平洋ろう者フットサル選手権

日本代表
2019.02.24

画像提供:日本ろう者サッカー協会

デフフットサル女子日本代表が優勝し初代覇者、
男子日本代表は強豪タイ代表を破り準優勝

2019年2月15日〜24日にかけてタイで開催されていた「アジア太平洋ろう者フットサル選手権」において、女子日本代表が優勝、男子日本代表が準優勝という結果になりました。女子は初開催のため、初代王者に輝きました。男子は決勝戦で前回W杯王者のイランに敗れましたが、準決勝で前回W杯準優勝のタイに勝利し、見事アジア2位となりました。

本大会は2019年11月開催予定のワールドカップアジア予選も兼ねていましたが、この結果、男女ともに出場権を獲得しました。

 

男子試合結果

グループリーグ(Bグループ)

第1戦:2月17日
日本 13-0 シンガポール

第2戦:2月19日
日本 0-4 イラン(前回W杯優勝)

第3戦:2月21日
日本 11-0 中国

決勝トーナメント

準決勝:2月23日
日本 3-2  タイ(前回W杯準優勝)

決勝:2月24日
日本 0-4 イラン(前回W杯優勝)

 

女子試合結果

5カ国総当たり

第1戦:2月17日
日本 26-0 インドネシア

第2戦:2月18日
日本 38-0 ネパール

第3戦:2月22日
日本 6-1 タイ

第4戦:2月23日
日本 12-0 中国

 


詳細は日本ろう者サッカー協会(JDFA)公式サイトよりご覧ください。

 

そのほかのレポートを見る