ABOUT

7つの障がい者サッカー

障がい者サッカー団体

JAFA
Japan Amputee Football Association
特定非営利活動法人
日本アンプティサッカー協会
[ 切断障がい ]

アンプティサッカーとは、足や腕に切断障がいのある人が行う7人制サッカーです。日常生活で使用する義足・義手を外し、ロフトストランドクラッチという杖で体を支えながらプレーします。

JCPFA
Japan Cerebral Palsy
Football Association
一般社団法人
日本CPサッカー協会
[ 脳性麻痺 ]

CPサッカーとは、脳の損傷によって運動障がいのある人が行う7人制サッカーです。Cerebral(脳からの)Palsy(麻痺)の頭文字をとり、そう呼ばれています。

JSFA
Japan Social Football Association
特定非営利活動法人
日本ソーシャルフットボール協会
[ 精神障がい ]

ソーシャルフットボールとは、精神障がいのある人が行うフットサルやサッカーです。基本ルールは健常者と同じで、フットサルでは女子選手を含む場合に最大6人がコートでプレーするなど、一部特別ルールを採用しています。

JFFID
Japan Football Federation for Persons
with Intellectual Disability
特定非営利活動法人
日本知的障がい者サッカー連盟
[ 知的障がい ]

知的障がい者サッカーとは、知的障がいのある人が行う11人制サッカーです。フットサルも行っています。ルールは健常者のサッカー、フットサルと同様で、プレーヤーの障がいの度合いにより試合時間が異なります。

JPFA
Japan Powerchair Football Association
一般社団法人
日本電動車椅子サッカー協会
[ 重度障がい等 ]

電動車椅子サッカーは国際的にはパワーチェアーフットボールと呼ばれ、主に自立歩行が困難な重度の障がいのある人が行う4人制サッカーです。手やアゴでジョイスティック型のコントローラーを操り、電動車椅子でプレーします。

JBFA
Japan Blind Football Association
特定非営利活動法人
日本ブラインドサッカー協会
[ 視覚障がい ]

ブラインドサッカーとは、視覚障がいのある人がアイマスクをつけて行う5人制のサッカーです。転がると音の出るボールを使用し、まわりの声を頼りにプレーします。2004年からパラリンピックの正式種目です。弱視者のロービジョンフットサルもあります。

JDFA
Japan Deaf Football Association
一般社団法人
日本ろう者サッカー協会
[ 聴覚障がい ]

ろう者(デフ)サッカーは、聴覚障がいのある人が行うサッカーです。フットサルもあります。ルールは基本的に健常者と同じです。審判は笛だけではなくフラッグも使用するなど、視覚情報を頼りにプレーします。

HANDBOOK
障がい者サッカーの競技紹介、
普及状況などが
まとまっています!
障がい者サッカー
HAND BOOK
HANDBOOK

公益財団法人日本サッカー協会 グラスルーツ推進部が、7つの障がい者サッカーについて詳しくまとめたハンドブックを作成しました。ルールや概要はこちらのハンドブックをご参照ください。

全国の障がい者サッカーチーム(順次更新)

7つの障がい者サッカー団体に登録されているクラブチームを中心に、
全国のチームを掲載(順次更新中)。
さまざまな障がい混合や健常者との混合など、インクルーシブチームもあります。

障がい
活動地域
もっと読み込む